あきねこの後悔日誌

自作ゲームの制作状況とか、その他。



 累計閲覧数:  / 現在閲覧数:

 ●本館「あきね工房」 (ゲームとか公開中)
 ●Web拍手 (メッセージを送れます 気が向いた時、日誌上で返信します)

▼ レトロ感を出すために

薬草フェスに参加すべく、なんか作ってます。

ScreenShot_2017_0418_23_48_05.png

レトロでレガシーな雰囲気のRPGになりそうです。
レトロ感を出すためにいろんなところに
レトロゲームっぽい演出やネタを混ぜ込んでます。

ストーリーはもちろん、裏山に薬草を取りに行く感じの小規模なものですし
ダンジョンもそんなに大きくない予定です。
過去作でいうとユキホシインパクトの一階層分くらいの広さで。

主に短期制作なのに1からシステム組んでるせいで
進捗がアレなんですけど、
締め切りまでにはどうにか完成はするんじゃないかと思います。

スポンサーサイト

▼ 企画「しかない会議」にゲームを投稿しました

4月ですね。
ここ3か月、それぞれの月っぽいゲームを投下してきましたが
ミコのクリスマスけいかくの4月に対応するゲームはまだないので
投稿は見送りかなと思ってました。

ですがふりーむの方で「しかない会議」という
「○○しかないゲーム」をテーマにしたゲーム投稿企画をたまたまやっていたので、
季節外れは覚悟のうえで過去作の
「ミコのクリスマスけいかく2012」を投稿してきました。

ダウンロード先:
http://www.freem.ne.jp/win/game/14516

3択以外の操作が一切ないという一発ネタのノンフィールドRPGです。
特にあんまり隠れてないとある隠しパラメータが重要だったりするあたりとか
使うと大変なことになるアイテムが紛れ込んでいたりとか
ちょっと意地悪な構造になっていますがそこは一発ネタということでご容赦を。
ヒント言う人がいるのでたぶん大丈夫じゃないかと思ってるんですけどね……

なお内容は4年前から特に変わりありません。
単にふりーむに公開移管しただけです。

▼ ウディタVer2.20で最初にすること

ついにウディタのVer2.20正式版が公開されましたね!

やはり今回の更新点の目玉は指定可能な解像度の追加、
画面サイズとチップサイズの個別指定でしょう。
実際、これによって従来作れなかったゲームが作れるようになったり、
作れたとしても困難だったりマップチップをピクチャで代用していたゲームが
簡単に作れるようになることも多いはずです。

地味ですが個人的に有り難い修正点としては
ルビの文字サイズが指定可能になったことでしょうか。
フォントによってはデフォサイズではルビが判読困難なこともあったので。

さて、これでまず最初にすることと言えば、もちろん!

これまでβ版で作ってたゲームのファイル差し替えですね!

というわけで、
「ユキホシインパクト」と「ホーリーピクロス」がようやくVer1.00になりました!
変更点はバージョン表記と実行ファイルの差し替えだけですけどね。
やっぱりβ版で動かしているものを完成形と称するのは
あまりよろしくないのではという思いもあり更新しました。

20161225.png
ホーリーピクロス ふりーむ公開ページ
http://www.freem.ne.jp/win/game/13614

20170219.png
ユキホシインパクト ふりーむ公開ページ
http://www.freem.ne.jp/win/game/14139

ところでここまで書いて今思い出したんですけど、
そういやエビフライもβで作ってたっけな……

▼ 3時間+αで作ったフライエビステップ

3時間でゲーム制作する企画やるよって聞いていたので
参加してみたところ、なぜかテーマが「エビフライ」ということになっていました。
(※この3時間企画ではテーマを設け、それに沿ったゲームに限定することで
 フライング制作が起こらないようにしているのである)

エビフライのゲームってなんだ……?
とどうしてくれようかと悩んだ結果勢い任せにできたモノが、こちら。

20170313.png
サムネクリックで原寸画像へ


エビ艦隊の放つエビフライミサイルの上を飛び移って進むアクションゲーム
「フライエビステップ」です。
エビ艦隊ってなんだ、エビフライミサイルってなんだとか思うかもですが
ただ単にテーマに合わせようとしただけで深い意味はないです。

一応、ふりーむの方にも置いておきましたので
遊んでみたいと思った方はどうぞ。
→ダウンロードページ

3時間で作ったゲームの宿命としてすぐ終わりますんで
サクッと遊んでサクッと終わる感じでどうぞ。

なおふりーむ版は3時間で作った版から若干の修正・調整が入っております。
3時間で作ったものそのまま版も記念に一応残してありますが、
せっかく遊ぶならちゃんとしてる方を遊んだほうがよろしいかと思います。

▼ 雪と夜空のゲームセレクト 感想集2

引き続き「雪と夜空のゲームセレクト」のゲームをプレイ中です。
いやまあそれ以外にも絵を描いたり†運命制圧†したりとか
いろいろしてましたけど。

ちなみにこちらは描いた絵。
20170305.png
クリックで原寸画像へ。


#雪魔ちゃん星魔ちゃんを描いてみた」企画に
参加すべく描いてみたものなのですが、
自作のユキホシインパクトでのキャラクターイメージに
いろいろ引っ張られてしまったため、開き直りました。
まあ雪魔ちゃん星魔ちゃん両方いるし怒られはしないだろうと……
あと描いてから思ったけどこれって完全にワープス〇ーですよね

===

ここから、「雪と夜空のゲームセレクト」プレイ感想集第二弾です。
第一弾は →こちら

No.39「あすか君とやべぇ宇宙人」作者:沼江蛙様
一方その頃……な演出の使い方がやべぇRPGです。
ただ単にお母さんが強いだけではなく、
あすか君パートがあることらよって
お母さんの強さがさらに際立つのがやべぇです。

No.37「STARDUST★NIGHT」作者:ソファラ=マックス様
装備を整えれば物理攻撃はほぼボーナスターンになったり、
ボス含めて敵があまりタフでなかったりと
サクっと遊べるRPGでした。
あとラストの「○○○○は○○の○○に戻った!」
の一文でなんか笑えました。

No.34「冬と夜空とゆきだるま」作者:コロ様
全滅どころかそもそも戦闘不能にすらならないような
ゆるいゲームバランスと、
そんなRPGもいいじゃないと思わせてくれる
ゆるい物語がよく合うゲームでした。

No.36「バルバラの爪痕」作者:Luna Eclipse様
ダンジョン探索メインのRPG。
とだけ言うとなんだか難しそうですが、
ザコ敵は話しかけない限り戦闘にならないっぽいこと、
ボスがそんなに強くないことが合わさり
実はザコ全無視でもクリア可能なお手軽ゲームでした。

No.30「Feliestasha -フェリエスターシャ-」作者:露木佑太郎様
地形と天候の組み合わせで能力が変化する戦闘が特徴的なRPG。
普段順調に進んでいても山地形にされると急にピンチになったり、
いいアクセントになっていました。伏線回収も上手い。

===

さて、まだまだ未公開のゲームがあるらしいので
引き続き何作か遊んでいこうかと思ってます。
いまのところ15作(自分の含めると16作)遊んできたわけなのですが
せっかくここまできたので総数の半分くらいはプレイしたいところ。

ところで来週、短期時限制作企画が開催されるという噂です。
もしかしたらなにか新作作るかもしれません。