あきねこの後悔日誌

自作ゲームの制作状況とか、その他。



 累計閲覧数:  / 現在閲覧数:

 ●本館「あきね工房」 (ゲームとか公開中)
 ●Web拍手 (メッセージを送れます 気が向いた時、日誌上で返信します)

▼ 年にせいぜい2回程度の修羅場

人間、何時間もぶっとおしで作業すると何らかの不調がおこるものです。
飽きとか、疲れとか、眠気とか、発想のスランプとか。
ところで今現在、明日が期限のモノを3つ抱えているのですがそういう訳ですので
たまには休憩を入れないとかえって効率が下がるから別にブログ書いても悪くはうんぬん。

といった感じで言い訳をはさみながら書き始めましたが、
卒業研究の中間発表、実験課題のレポート、広報委員会の同人誌の入稿日が明日です。
ここ3日、一日あたり4時間の睡眠もとれていないような気がしますが、
とりあえずこれらさえ終わればしばらく就職活動以外の大型ノルマがなくなります。

広報委員会はもう後輩に口を出しながら眺めているだけの身分なので別にいいのですが、
それ以外は落とすと卒業できるかどうかにかかわってきてしまいます。
本来こつこつ進めていればどうにでもなったような気はするのですが
いつものことなので今更気にしないことにします。・・・次から気をつけます。

発表用の資料を用意したり、スライドショーを用意したり、
Javaでボードゲームのようなものを作ったり(そういうレポートが課せられる業界です)
それの仕様に関するレポートを書いたりを、何としてでも翌朝までには仕上げなくては。
・・・あと10時間って表記すると生々しいですね。

しかしこの状況、よく考えるとものすごく懐かしい状態でした。
大学の夏休みは今日までだったりするので、
いうなれば現状は「夏休み最後の日に涙目でたまりにたまった宿題をやる図」なのですね。
学生生活(たぶん)最後の年だからって、そんなことまで堪能しなくてもよかったのに。

スポンサーサイト

▼ 新作STGの方向性

試験前掃除の法則(追いつめられた人間の逃げ道のようなもの)とかいうアレで
新作STGの開発を進めています。なにこの間違ったモチベーション。
C言語のことは大学3年間のつきあいで割と分かっているにしろ
C++のことはさっぱりだったので、その辺の勉強から。

C++とJavaは、どちらもクラスとかオブジェクト指向の言語だし、
JavaもC++もベースはC言語だから大体同じだよね楽勝楽勝
と思っていたら基本の基本、クラス定義の仕方から全然違ったり。
要は逆に文法はC言語の部分以外だいたい全部違ったということです。

現時点では弾や敵のクラスを作ったり、
まずは5月のアレをC++でもできるように、辺りから始めています。
ここまでで一番驚いたのが、DirectX の便利さ。
Javaで5日悩んだ画像描画がすごい簡単。

画面デザインの雰囲気もまとまってきた、
独自っぽいシステムもなんとなく形が見えてきた、
ストーリー(いるのかな)の方向性もばっちり、
2面ボスの攻撃パターンが思いついて試してみたい、と微妙に順調。

完成目標は10月末までにハロウィンSTG(ちなみに2回目)を完成させる。
・・・なんか、卒業研究の中間発表が終わった直後の10月は
比較的ラクできそうな雰囲気です。
もっとも、9月の残り部分は大変な事になりそうですが。

▼ 体調がなんか変

頭がぼーっとしたり、全身に筋肉痛のような鈍い痛みがしたり。
あと体が微妙に熱くて熱っぽいしだるい。
咳やくしゃみはないんですけど・・・
でも9月末までにやらないと留年になる宿題が・・・

▼ 敵画像の準備

敵キャラのグラフィックをいろいろと用意しました。
全部でザコ4種類×2色+ボス8種類の16種類ですが、
ゲーム側で表示サイズを変えれば別種として使えるかも。
横スクロールで作る事にしたので、敵画像も横向きです。

現在、どういうゲームシステムにするかが現在最大の問題点。
ひたすらシンプルなものを作るのも(練習としては)いいですが、
せっかくなので何かちょっとした工夫はしてみたいところ。
現在の候補は、アイテムの効果が状況によって変わる、とか(大雑把)。

▼ お絵かき練習+5人

昨日に引き続き、お絵かき練習。
今回は、ミューレ・はげおじさん・ロメリア・シューバ・シェリィの5名を描いてみました。
これで主人公勢は今回で大体揃ったかな、といった所です。
ただし、ルーグ・はげおじさん・シェリィは主人公というより、頻出のギャグ要因ですが。

20110912.jpg
画像をクリックで、元サイズの画像を表示。


描かれたキャラは、それぞれ以下の通りです。
上段左から・・・ルーグ、ライアン、シューバ(仮)、はげおじさん
中段左から・・・オルフェ、リオン
下段左から・・・ミューレ、ミコ、ロメリア、シェリィ

これらのキャラの画像は、これまでの5人に加え
元サイズの画像をWeb拍手のお礼画面に表示されるようにしました。
なんだか、ほぼ全員騒動の元凶みたいな説明の書かれ方もしていますが
別に間違った事は書いていないので気にしない。

===

新しく描いたキャラの大雑把な出演作品も書いておきます。
詳細はWeb拍手のお礼画面に。
上段右から2番目・・・シューバ(仮)
 黒歴史作品「Ⅱ」、「ぽむぼーるす」の主人公。

上段右端・・・はげおじさん
 偽装勇者物語の邪魔キャラ。ギャグ要因として便利。
下段左端・・・ミューレ
 お気に入り。出演機会がなかったので、風花送り・続に強引に出演。

下段右から2番目・・・ロメリア
 いろいろ出演。昔はシューバとセット、今は基本的に単体。
下段右端・・・シェリィ
 偽装勇者などの一般人的な誰か。ある意味作者にいじめられているキャラ。

▼ お絵かき練習中

<4行>
トップ絵と、Web拍手のお礼画像・コメントを更新。
お絵かき練習中。制作中のゲームの立ち絵に使うかも?
ミコ・リオン・オルフェ・ライアン・ルーグの5人。
Web拍手のお礼画面はキャラ設定メモつき。
</4行>

20110911.jpg
画像をクリックで元画像を表示


というわけでお絵かき練習です。
これまで使っていたPixiaが重くてツライと弟に相談したところ、
AzPainter という軽くて便利なソフトを紹介してもらいました。
試し描きのつもりでいろいろ描いてみたのですが・・・。やはりまだまだですね。

下中央・・・リオン
 とにかくいろんな作品に出ているので説明不要?
左下・・・ミコ
 クリスマスシリーズの主人公。クリスマス系以外には基本的に出現しない。
右下・・・オルフェ
 実はすごくさりげなく、いろんな作品にチマチマ登場しています。代表:ミコ十の5面。
左上・・・ライアン
 偽装勇者物語の主人公(笑)予定。作り直そうか本気で悩んでいます。
右上・・・ルーグ
 昔(黒歴史時代)はメインの一人だったような気もするのですが・・・

絵の練習には数をこなすのが一番だと誰かが言っていたような気がするので、
あと5人くらい描いてみようかと思います。
(Web拍手のお礼画面は全部で10枚までなので)
ロメリア・シューバ・ミューレ・みさと・シェリィの5人あたりが妥当でしょうか。

▼ 今度はCでなにか始めるようです

Javaに引き続き、今度はC言語でなんか作ってみようという企画。
とりあえずプログラムの練習と言えばシューティングだよね、ということで
今度もシューティングを作ることにしました。
まずは縦か横か。そこから決めないと画像もシステムも作れない。

ちなみに。シューティングはプログラムが比較的簡単なので、
わりと昔から存在しているジャンルなのです。
もっとも、昔から存在しすぎているせいで
敷居が高くなりまくっている節がありますが・・・

C言語は、大学の授業辺りでさんざんやらされた言語ではありますが
画像だとか音声だとかいったものは正直さっぱりです。
とりあえずDXライブラリとかいう便利そうなものがあるらしいので
まずはそのあたりの仕様をあさってみるところから始めます。

ちなみに。C言語と銘打っていますが、
実際にはC++をC言語っぽく使っています。
状況次第でC++に途中から切り替えたほうが便利そうなら
切り替える余地も一応ありそうです。