あきねこの後悔日誌

自作ゲームの制作状況とか、その他。



 累計閲覧数:  / 現在閲覧数:

 ●本館「あきね工房」 (ゲームとか公開中)
 ●Web拍手 (メッセージを送れます 気が向いた時、日誌上で返信します)

▼ 豚汁屋END

昼寝中にまた不可解な夢を見たので記録しておきます。
基本はゲーム制作サイトをしているのでその関連の閲覧者が多いと思っていますが、
夢日記目当てで来ている方がいたりするのでしょうか。
夢分析(夢占いじゃなくて)とかしている方とかいたら分析お願いしたいです。

===

覚えている限りの夢の始まりでは、家族(?)とどこかの部屋にいた。
といっても現実の家族ではなく、単に夢の中でそういう設定になっていた人々であり、
目が覚めて思い返してみると「誰だったんだ」となる程度の人。
内訳は自分と、叔父2人、母、妹2人、兄、弟。現実とは構成すら違う。

その部屋は旅行に来ていて、その旅行の宿泊先の部屋だったか?
しかしその部屋は緑色の床に白い壁の殺風景な内装で、
保健室にありそうな鉄パイプベッドが9台あるだけの部屋だった。
うち3台は普通に並べてあり、残りは2台づつが2段ベッド状になっていた。

2段ベッドにはカーテンがついているので女性陣を2段ベッドに割り振る等して、
自分は3つ並んだ1段のベッドの一番左でそのまま眠りについた(夢の中だけど)。
その後(夢の中で)目が覚めて、自宅に帰ることになった。
ただし、夢の中の自宅と現実の自宅は立地も部屋も全く違うのだが。

ベッドだけの部屋を出て廊下を右に曲がると下り階段があり、
そこを下りると(たぶん一瞬で)田舎町の駅のホームにいた。
一本のホームの両側に、それぞれ上りと下りの車線がある構造のホームで
たぶん改札はどこにもなかったと思う。夢なので仕方がない。

自宅に帰るための切符は普通の切符が5枚と、回数券が4枚。
ただし、回数券と普通の切符では経路となる路線が違う。
自分は遠回りになる回数券の方を受け取って、
そこで突然場面が駅からコンサート会場に切り替わった。なぜだ。

手の中の回数券はいつのまにかコンサートチケットにすり替わっていて、
舞台の上ではすでにコンサート(?)が始まったところだった。
女性3人、おじさん1人のアイドル(!?)ユニットのコンサートらしく
それぞれのメンバーが順番に、ソロでダンスパフォーマンスをしていた。

客席(という言い方が正しいのかはわからないが)には椅子はなく
観客は全員立ち見で、それでもかなり人が多く窮屈であまり動けなかった。
暗い会場はステージだけがピンク色のレーザー照明で照らされていて
周囲の人たちの顔はほとんど見えない(見る気もなかったが)。

アイドルユニットのメンバーは全員、セクシーなピンク色の衣装を着ており、
非常におじさんが目に毒な感じだった。
毛深いおじさんにセクシー衣装を着せて、しかも最後に持ってきているあたり、
これがコントならばウケ狙いとして成立しているような。ただしダンスは上手い。

おじさんのパフォーマンスが終わったところでコンサートは終了し
(コンサートとして成立していないのはもちろんわかるが夢なので仕方がない)、
そこで場面はいきなり極端にファンシーなショッピングモールに移り変わった。
夢にしては現実にも一応存在しうるレベルではあるが。

パステルカラーのドーナツだけ売っている店があったり
(水色だったり明るい緑だったり、個人的に食欲はわかない)、
某猫キャラのキャラクターグッズ専門店があったり、
とにかく自分にとってはまるで需要のない店ばかり。

昼食をとりたいと思って(例のドーナツは嫌だった)そこを出ると、
小洒落た和風小料理屋といった感じの店を見つけた。
現実ではめったにそういう店には入らないが、空腹なのと夢なので
ちょっとためらいながらも入店。

店内にはカウンター席しかなかったが、
昼を少し過ぎた頃(という夢の設定)なのでちらほらと空席があった。
カウンターの上にはメニューの写真の載ったポスターのようなものが
隙間なく貼られていて、それ以外にメニューらしきものはなかった。

しかしよく見ると、このメニューの内容が
豚汁、牛汁、鶏汁、まぐろ汁、さば汁、さんま汁、うなぎ汁、……と
豚汁の豚を別の何かに置き換えたようなものしかない。
そういうのが食べたいんじゃないんだけどなーと思ったところで目が覚めた。

===

今回の夢は、場面転換(瞬間移動)以外は比較的現実的な内容だった気もします。
空を飛べたり、部屋の形状がいつのまにか変化していたり、
変な形状の月が浮いていたり、波打ち際に学校が立っていたり、
ダンジョンにもぐったり、ゾンビ祭りだったり巫女ルームだったりしないあたり。

ゲームのネタになるかと思って書いてきた夢日記ですが、
こうして列挙してみると意外とファンタジーですね。
自分の脳内構成はファンタジーなのか、と言われると妙に納得する部分があります。
そこらへんにいる猫に話しかけようとしたりするあたりとか……

スポンサーサイト

▼ あと3日でなんか作りたい

最後の春休み終了まであと3日となりました。
せっかくなので何か1個ゲームを作りたいと思ったのですが
1時間クエストという気分でもないので
自作プログラムで何か作りたいなと思った次第。

そういえば結局C++でなんにも完成品を作ってないですね。
これ以上後回しにしないために使用する言語はC++、
ジャンルは3日くらいですぐ作れそうなものという事で
適当にシューティングあたりにします。

残り3日なので外見も内容も大したことない感じになりそうですが
制限時間があると時間切れ以外で挫折しなくてすみそうでいい感じです。
あれもしたいこれもしたいという欲求を振り切るのに
制限時間を設けるのはいい作戦かもしれませんね。

▼ 隠れてないキャラ

今回は拍手返信のみ。

>ミコ1クリアして気になったんですが、
>スタッフロールに出てきた戌が本編中に出てきていません!
>戌は1に登場するんですか?…もしかしてラストハードクリアとかEXクリアとか…

実は戌(ケルベロスじゃない方)は2つのゲームに登場しています。
よく見るとあの特徴的な顔が潜んでいたりするので
ゲーム画面内をよく探してみてください。「すごろく」の方はわりと簡単です。
某千葉夢の国でたとえるなら隠れ黒鼠的な存在で、物語には絡みません。

▼ ある意味、学生最後の文化祭

また内容を覚えている夢を見たので、夢日記を書いていきます。
夢日記を書くために内容をメモしている途中
その夢の内容が頭からボロボロ抜けていくのがわかって悔しい。
一度書いた内容はなかなか忘れないのに・・・・・

===

場面は高校(たぶん)の文化祭。
校舎の中は折り紙の飾り(なんとなく七夕飾りっぽい)で彩られていた。
自分は校舎の2階にいて(確認する方法はないが、そうだと直感していた)
自分は自分のクラスである2-7の堅苦しい展示の準備をしていた。

たった一人で展示物の用意を終えて教室を出ると、
2-7の前には正方形の廊下(?)があって、そこを囲むように
2-7教室、2-4B教室、階段、渡り廊下、2-6教室があった。
……この建物の2階には3つしか教室がないらしい。

そのまま文化祭が始まり、校舎内に人があふれ出した。
が、周囲の飾りを見ているうちにあっという間に時間が過ぎていき
体感40秒ほどで気づくと既に1日目が終了していた。
それでも今日の片づけや2日目の準備のために多くの生徒が残っている。

行きそびれた展示をいくつか回れないものかと考えていると
サザ○さんのカ○オをそのまま3倍太くしたような友人(という設定の人)が現れた。
その太い友人は、友人のクラスである2-4Bの展示に誘ってくれた。
なぜ2-4BだけBとかついているのかは不明。しいて言うなら夢だから。

2-4Bの中も廊下と同じく、多くの折り紙の飾りで彩られていた。
緑色の掲示板に調べた郷土史を淡々と紙に書いて貼って展示したような
(郷土史ではないけれどそういうイメージ)超々殺風景な2-7とは大違い。
2-4Bでは片づけもクラス総出で楽しそうにやっていた。2-7少しは見習え。

2-7の展示の一つは、ぜんまいの車みたいなやつを
同時に走らせて、どれが一番早くゴールに着くか賭けるようなものだった。
地面に車を置いて、それを後ろ向きに引きずるとぜんまいがまかれて
手を放すと前に走る車のオモチャみたいな仕組み。

出走車は赤・黄色・緑色の3つのプテラノドンの雑に作ったプラモみたいなのから、
赤・黄色・緑色の3台の汽車、赤・黄色・緑色の飛行機、
さらにグライダーの羽部分だけみたいな謎の乗り物もあった。
11コくらいあるゼンマイオモチャを、真上から押し付ける感じで一気に後ろに引っ張る。

興味本位でグライダーもどきに賭けると、
太い友人はゼンマイオモチャから手を放した。
するとそれらのゼンマイオモチャは一気に走り出した。
あんまり密集させて走らせたので、オモチャ同士がぶつかり合い変な方に走っていく。

そういえばこのレースのゴールが見当たらない。
まっすぐ走って行った緑のプテラノドンも、
正面にあった赤・黄色・緑の三色の積み木の山にぶつかって止まった。
このクラスは赤・黄色・緑のカラーリングが大好きらしい。

いつの間にかルールは「一番遠くまで走るオモチャを当てる」に変わっていた。
自分の賭けたグライダーもどきは
メガネで太めのおかっぱ頭の女の子にぶつかって転倒していた。
残念賞すらもらえなかった。

ゲームが終わるころにはすっかり日も沈み、
校舎内には人がほとんど残っていなかった。
実際ゲームにかかった時間は3分もなかったはずだが、
そこは夢なので仕方ないとする。

ゼンマイレースのボロ負けで何ももらえなかった自分を元気づけようとしてか、
2-4Bのもう一つの出し物、あんかけラーメンをおごってくれることになった。
しかし2-4B教室内にはもう自分と太い友人しかおらず、
あんかけラーメンは太い友人が作ってくれることになった。

2-7教室に戻り、あんかけラーメンが完成するのを待つことに。
2-7教室はいつの間にか畳2枚くらいの広さに変わっていて、
しかもその面積の半分くらいを占める正方形のちゃぶ台が
部屋の真ん中にぽつんと置かれているだけだった。

コンクリートの灰色で無機質な、4mくらいある壁に囲まれた2-7教室
(もはや教室の面影もない)で、とりあえずちゃぶ台の前に体育座りして待つ。
しばらくすると太い友人が入ってきた。
ただし、あんかけラーメンは持っていない。

太い友人はゲーム担当でラーメン担当ではなかったためなのか、
あんかけラーメンの作り方がわからなかったらしい。
狭い部屋に二人並んで体育座り。
渡り廊下の窓から大きな三日月が見えた。

文化祭の話をしようにも、なんだか気まずい雰囲気で全く話が続かない。
もうきっと、校舎には2人だけしか残っていないだろう。
仕方ない、明日は楽しむとしよう、と思ったところで目が覚めた。
文化祭の夢なのにすごくむなしい内容だった……

===

目が覚めると、自分は例の広報系サークルの部屋にいて
け○おんの曲が流されていた。
こんな曲がかかっていたから文化祭の夢を見たのだろうか。
それにしてはなんともいいところが少ない文化祭だったというか……。

もう学生時代も残りわずかだというタイミングで、見たのはこんな夢だった。
全く充実してない文化祭は、自分の学生時代はもっと楽しめたはずなのに
それを次々と逃していたのではないか、と暗示しているようで……。
目が覚めてから夢の内容のメモを取りつつ、切なさに押しつぶされそうになった。

▼ サークルも卒業かー

自分の所属している某広報系サークルも、大学の卒業とともに卒業になります。
アホな旅行とかバカな実験とか、本当に楽しませてもらいました。
もっとも、メイン活動はそういうのじゃなく同人誌みたいなのの発行ですけど。
もう1週間もないので、最後の最後まで活動には参加していきたいですね。

▼ 高いところは苦手なんですけどね

久々に内容を思い出せる夢を見たので書いてみます。
とはいえ、今回はそこそこ長かったはずなのに、
ほぼうろ覚えであいまいな部分も多く
大部分実際の夢とは違っているのかもしれませんが・・・・・

===

最初は砂漠にいた。ただし暑いわけでも、空気が乾燥してもいない。
そこにぽつんと、赤い服に黒くて短い髪で黒縁メガネの人がいた。
たぶん女性だったと思うけれど、もしかしたら男かもしれない。
若干遠くから眺める感じだったので細かい事もわからない。

その人はちぎった白い綿ようなものを持っていて、
しばらくすると砂漠に雨が降ってきた。
白い綿のようなものは雨水を吸い、薄青紫色に変わった。
砂漠の砂は雨が降ったのに変化なし。

どうやらこの綿が吸った水で砂漠の渇きをしのぐらしい。
綿みたいなのを掲げてうれしそうに飛び跳ねている。
するとそこに青い服でそれ以外だいたい同じ外見の人がどこからかやってきて
空を飛んでみないか、と赤い服の人に聞いている。

いわく、オレンジ色の巨大風船を膨らませ、それを抱えて空を飛ぶらしい。
風船で飛ぶといえば、背中につけるか、せいぜい上に乗るかだと思うのに
なぜか風船を抱えて飛ぶと。
それで目的の高度に来たら風船を捨てて、パラシュートで着地するらしい。

赤い人は意気揚々と風船で飛び立った。
この辺から、視点が赤い人を斜め上から見下ろす感じになる。
しばらく上昇して宇宙から見た地球の姿みたいなのが眼下に広がる中、
その人は夕日を受けて髪の色が黒から緑に変わった。なんで?

地球全体が夕焼け色に染まって見えた。
夕焼けの原理から言ってそれはありえないはずですけどね。
黒い空(宇宙だからなのか?)、真横の太陽から差す橙色の光。
美しく幻想的だけれど、高所恐怖症の自分的にはコレは無理だった。

そして風船を手放し、高速で落下してく赤い人。怖いです勘弁してください。
その人は地上100mくらいでパラシュートを開き
(普通、パラシュートはもっと前で開くべきだと思う)
着地した先は、木造の民家のしかも屋内だった。なんで?貫通したの?

そこは(見知らぬ)5~6人の男兄弟が住んでいる家で、
その時点で赤い服で緑色の髪の人はいなくなっていた。
兄弟の下から2人目の子がなぜか行方不明になっていて、
父親がなぜかその子にこれから変身するらしい。どういうことだろう。

そして本当にあっさりと変身した父親。
もともと父親だった設定(?)は完全に忘れ去られており
兄弟として普通に溶け込んでいた。
そして自分の手にはいつの間にか正方形の本があった。

白いその本には、これからとるべき行動が黒い字で書き込まれていた。
しばらくはその指示に従って兄弟と過ごしていたが
どういう指示だとかその間の記憶はほとんどない。
むしろ、そうやって過ごしたという設定で実際は体験していないのかもしれない。

時刻は夕方から夜になり、最後の指示を実行することになった。
いわく、その兄弟の姉を尾行すればいいらしい。
姉なんてこのシーンまでは全く気配も設定も見せなかったのに・・・。
そしてその姉が玄関から外に出ようとしていた。

兄弟の姉は露出の多い、どぎつい赤の服を着ていて、
髪をさっきの水を吸った綿のような紫色に染めていて、瞳も青紫色。
肌の色も16進表記すると #FFFFFF といった感じの真っ白だった。
分厚く塗られた鮮血色の口紅も相まって、非常にケバケバしく気持ち悪かった。

姉を追って夜の住宅街に出る。コンクリートの坂道を下る姉を追いかけた。
尾行というものの、そこそこの距離を置いて後を追うだけで
どこかに隠れたりとかそういうことは全くしなかった。なげやり。
途中兄弟の姉はコンビニに行ったりなどしていたが、細かい事は思い出せない。

そして兄弟の姉は、下り坂の終わったところの公園に着いた。
そこにいたのは一人のハゲた中年男性。後ろ髪と前髪のあたりだけ髪がある。
見ていると、ハゲの頭の髪の毛が少しずつ増えバーコード状に、
さらに見ているともっと髪が増えて全くハゲではなくなった。

その中年男性に兄弟の姉が気づき、何かを問い詰めている。
内容は聞こえていたはずだが、思い出せない。
ケバケバしい妖怪みたいな恐ろしい顔で問い詰められた中年男性は
驚いたせいなのか、また再び髪が徐々に薄くなって元のハゲ頭に戻った。

どうやら謎の能力によってハゲを隠していたことに兄弟の姉がキレていたらしい。
しかもこの2人、勤め先が同じでしかも交際していたらしい。
なにやら口げんかとなっているところをにやにやして眺めていたところで
そこで唐突に目が覚めた。おしまい。

===

夢なのでストーリーもなにもあったものではありませんが。
今回の夢は3部作といったところでしょうか。
後から見かえすとちっとも楽しくない夢のようですが、
実際に見ている間は楽しかったような気がします。

▼ 1行の拍手に長い返信ってどうなの

今回はほぼ拍手返信のみです。

===

>霊石重ねをプレイさせていただきました。
>とても面白かったです。

>質問です。
>マニュアル内では「7連鎖以降の得点は、6連鎖と同じ」とありますが、
>おまけ5『混沌重ね』内にて9連鎖までは得点倍率が上昇することを確認しました。
>これは、『混沌重ね』のみが特殊な得点計算処理を行っているのでしょうか?
>よろしければ教えてください。

>連鎖による得点倍率の変化
>1,3,8,21,46,93,162,243,305…(以後305)

>残り4個(実質3個)のノルマが全て得点系……

プレイありがとうございます。こういうのがやはり一番励みになりますね。
1年半前の作品ですが、今もプレイしてくださる方がいらっしゃるとは。
気の向いたときに思い出したようにプレイしてもらうつもりで作って
それであのシステム(特に変なノルマ)はかなり不親切かもしれませんけどね。

先ほど実際にプレイして確認したところ、確かに得点倍率がそうなっていました。
得点倍率は、連鎖数に応じて定数を読み込むようになっているのですが
連鎖数の上限が6連鎖とすべきところを9連鎖とするようになっていました。
報告ありがとうございました。後でマニュアルを修正しておきます。

大連鎖がたまたまできた時とできなかったときの得点の差が大きすぎるので
(ブロックの形の運に大幅に左右され、プレイヤー側でどうしようもないので)
6連鎖で打ちとめにしようとか考えていたような気がします。
考えただけで実際には直していなかったとは。こういう事が実は何度かあります。

最後の砦は得点、になるのは仕様です。
「全部のおまけが解放されたら完全クリア」という想定で作ったのに
そんなの楽勝だ!とかいわれたら困るので作った廃人向けノルマです。
終盤は細かいことを考えずに消せるものから消していった方がいいのかもしれません。

ある程度ノルマを取って粘れば普通に消しても1000点とか入るようになるので
その状態でひたすら耐えれば・・・というのは無茶ぶりですね。
理論上(人間にできるとは限らない)は達成可能ですが、あまり無理しないように。
システム視点では、カンスト(≒記録不可能)は一種のエラーですから。

===

>前々から気になっていたんですが、秋月さんのSTGの腕ってどれぐらいなんですか!?

STGと言われても、どのSTGを基準に説明したらいいのかが難しいですね。
何を以て難しいかという基準が最も人によって異なるジャンルの一種ですし。
作った作品を見てわかるかもしれませんが、(普通の)STGより弾幕STGの方が好きなタイプです。
ついでに、弾が速いタイプよりも遅い弾をチマチマ避けるタイプが好きです。

アーケードのゲームは全くやらないのですが、
いつもやってる弾幕STGの作者様(なぜか作品名は出さない)から言わせれば、
人間をやめない程度のアーケードシューター級だそうです。
変態リプレイをみて「うっわぁなにこれ」とか言ってる側の人間です。一応。

そういえば去年末に買ったパソコン用のゲームパッドが2月中旬に壊れました。
今のところSTGとRPG以外ではゲームパッドを使っていないので
壊れた原因はSTGの一面ループだと思います。
そのくらいのSTGプレイ頻度、って言ってあまりやらない人に通じるのか否か。

===

偽装勇者物語のシステム制作は進んでいるのですが、
中途半端なメニュー画面を見せても汚いだけなので、
最低体裁が整ってからスクリーンショットでも貼ろうと思います。
システムを追加する動機=メニューの表示に空きがあるから。って。