あきねこの後悔日誌

自作ゲームの制作状況とか、その他。



 累計閲覧数:  / 現在閲覧数:

 ●本館「あきね工房」 (ゲームとか公開中)
 ●Web拍手 (メッセージを送れます 気が向いた時、日誌上で返信します)

▼ また夢かよ

最近頻繁に夢を見るのですが、疲れてるんでしょうか。
ゲーム制作系作業が全く進んでない程度には大変です。
これでも一応ここしばらくは残業少な目にしてるはずなんですけどね。
そんな本日の日誌も夢日記です。ではさっそく夢の内容を。

===

夢の中では4月5日。今日は高校の入学式である。
ガラス張りの近未来的な巨大駅「東京駅」(現実の東京駅とはずいぶん異なる)から、
北西の方角にある高校の最寄駅まで電車で向かう。
(前回の夢といい、最近の夢は北西に縁が多い気がする)

駅は小さな駅をクモの巣状の通路で連結したような形状になっていて、
そのホームとホームの間隔が300メートルほどあるなど、乗り換えにも一苦労だ。
駅に入ってまずは南西にある3・4番線ホームへ向かい、
さらにそこから北西の6・7番線ホームへ行き、7番線の列車に乗る。(5番線どこ行った)

さて高校の最寄駅に来たわけだが、ここから高校までは歩いて30分かかる。
上り下りあり、曲がりくねった道路を進み、住宅地を抜け、
それでもまだまだ高校は見えてこない。このままでは遅刻するのではと焦って走り、
ようやく閑静な住宅街の真ん中にその高校が見えてきた。

案の定遅刻。校庭ではすでに入学式が始まっていた。(普通は校庭でやらないと思う)
息を切らしながら、並んだ生徒たちの間に潜り込む。
他にも同様に遅刻してきた新入生たちが後からチラホラ入ってくるのが見えた。
ここでは新入生が大量遅刻するのは恒例行事であり、本日は遅刻罰則免除だそうだ。

どうでもいい校長の話を聞いている間にいつのまにか、
並んでいた生徒が自分を含め、全員小学生みたいな体操服になっていた。
校長の話が終わるともう下校。手続きとかいろいろ配布とか部活勧誘とか無しで下校。
変わったことといえば薄暗い教室の窓から海が見えたくらい。(東京の北西の海?)

翌日。同じように登校。さすがに遅刻はしなかったが登校だけでヘトヘトだ。
登校の途中に読んだこの地域のパンフレットによれば、この地域は
昔徒歩が主な移動手段だった頃は宿場街として栄えていたらしいが
電車の駅と駅のど真ん中になって以来急速にすたれていったらしい。この辺に駅作れよ。

最初の授業は現代文。さっそく寝ている生徒も多い。登校でバテたんだろう。
担当教員は印象のなさが印象的な黒スーツの女教師。
先生の指示通りに教科書を開くと、そこにはパズル本の問題みたいなのが載っていた。
授業に興味をもってもらおうというつもりなのだろうが、やりすぎじゃないのかな。

午前の授業はそれだけで終わり、昼休みになる。
一緒に昼食を食べるような友人はいない。
ビニールのジップ□ックに入った即席ラーメンがカバンに入っていた。
夢の中の自分でさえ、さすがにこれはシュールな光景だと感じた。

容器に書かれた説明によれば、直接お湯を入れて口を閉じ、1時間待てば完成だそうだ。
言われるがままに教室備え付けの電気ポットから湯を注ぐが、
お湯を注いでから急激にアホらしく感じた。
というか昼休みは20分しかない。休み中じゃ完成しないじゃないか。

昼休みが終わるともう下校だ。始まったばかりとはいえいくらなんでも早く感じる。
下校前にトイレに寄る。
トイレの中には「遅刻する新入生を減らすため入学式を午後にしよう」という青い張り紙が。
もう入学してしまった身の自分には関係ないと思った。

延々歩いて少し電車に乗り、東京駅でそこそこ歩いて少し電車に乗り、自宅に戻る。
カップラーメンならぬパックラーメンもそろそろ頃合いだ。
大きめのマグカップを持ってきてラーメンを流し込む……
ラーメンは麺が寒天状の食感・外見になっていて、もちろん冷めていた。

===

以上が本日の夢の内容です。夢日記を書くのにかかる時間も意外とバカにならない。
でもまあ、睡眠時間を一部でも創作ネタに使えるかもしれないなら、と思うと
日誌に残さず忘れてしまうのがもったいなく感じる。
けど日誌に残したからと言って、こんなもの創作ネタに使えるかっていうと正直望み薄。

これは「多分使わないけど万一使うかもしれない可能性を考えてしまい
ここ3年使ってないかき氷気を捨てる決断ができないとき」の気分に似ている。
あるいは「大量に買ってきた新発売のお菓子がためしに食べると想像を絶するほどマズく
かといって食べ物を捨てるわけにもいかずムリヤリ食べる」気分のほうが近いか?

スポンサーサイト

▼ 危険なゆめにっき

さて、また内容を思い出せる夢を見たのですが
実は内容を思い出せる夢を見たからと言って、それを毎回日記にしているわけではありません。
とても掲載できそうもない夢を見ることもあります。そりゃ。そういう時は自主検閲で不掲載。
本日の日誌の内容は、そんな掲載と不掲載の境界。審議の結果伏字多めで掲載となりました。

===

夢の中で、政治家2人(仮にR氏、H氏とする)がテレビに出ていた。
番組名は報○ステー○ョン。番組の内容は政治討論。
現実の人が出る夢は内容も現実に近くなるのだろうか?
ただ、最初なんのテーマで話していたかはわからない。

途中、アナウンサーが割り込み、世論調査の結果として、
大多数の人が「R氏を政治の重要ポジにおいてはならない」と思っている
というデータを2人に告げるかのように発表。
なおこれは夢の話であり実在の政治家とは関係ないんじゃないかな。たぶん。

これはどう考えてもR氏にとっていい評価ではないのだが
H「あーやっぱりねー、幹事長あたりがいいんじゃない」
R「そうかも」などと談笑していた。夢の中の設定では幹事長は偉くないらしい。
そんなこんなで和やかな雰囲気のまま討論(?)は終了。

次のニュースが入る。某テレビ局(実在)の番組の放送予定が3週間後まで決定したらしい。
番組表はその3週間後以降は、全て「未定」の灰色で塗りつぶされていた。
某テレビ局は(なぜか)廃止するかしないかの瀬戸際だから、らしい。
個人的には好きな局なのでちょっとさびしい気分になる。現実では潰れそうもないが。

さて。今日は会社から受験の指示があった、法律系資格試験の試験当日だ。
と言っても、全くやる気はない。適当に受けて適当に落ちるか、くらいのつもり。
勉強どころか、なんの法律の試験なんだかも、
会場の行き方すらも調べていない。

(架空の)高校時代の友人らと、3人で会場へ向かうことになった。
だが全員会場への行き方は知らない。知らないけどまあいいか、という雰囲気で集合した。
知ってるのはおおよその位置だけで、最寄駅も知らない。
例えるなら東京都民が「奈良に大仏があるのは知ってるがどう行くのかはわからない」感じ。

電車に乗り数駅進み、大きめの乗換駅に着いた。
試験会場はおおよそ北西にあるっぽい、ってのはわかるが、
その駅から北西に向かうっぽい路線は3つもある。もちろん正解は全く分からない。
だが全員の勘が、水色の私鉄が正解だと叫んでいた。

水色の3両ほど編成の電車に乗り、数駅ほど進んだところで
友人の一人が駅の売店に何かを買いに行った。
……しかし、彼が帰ってくる前に電車は出発してしまう。
もちろん彼は置き去り。とりあえず試験にも遅刻確定だろう。

電車は夕焼け色に染まる海に架かった橋の上を走っていく。朝じゃないのかよ。
橋を渡りきった先の次の駅の名前は「東口科学部駅」だった。なんだそれ。
その駅で多くの乗客が降りていく様子を見て
たぶんここじゃないかな、と適当に電車を降りる。

ここで、携帯メールで(一緒だった2人とはまた別の)友人に場所を調べてもらおうと思いつく。
(※この世界の携帯にはネットや地図機能はないらしい)
だが暇なはずの友人にメールを送っても10分待っても返事は来ない。
諦めて、人の多く流れていく方向へ歩き出す。

あたりは雑居ビルが建ち並び、とても日当たりが悪い。
街並みを歩く中で「(筆者実名)がこんな試験うけるのかよ」
という陰口的なものが聞こえた。
これ幸い、陰口っぽいけど気にしている場合じゃない。ついて行ってみよう。

そうやってその人についていくこと10分ほど。
陰口の人を完全に見失ってしまう。
気づかれないように遠巻きについていったのが災いしたか。
これでは試験会場への行き方も駅への戻り方もわからない。どうしよう……

===

というところで目覚ましが鳴ったのでした。
検閲削除されかけた理由はもちろん、途中に出てきた政治の話です。
どこまで書いてセーフとしていいか実はかなり悩みました。
ウチは政治系サイトじゃないし、政治の話を持ちかけられても何も答える気はないので。

▼ クリスマスゲーム?の企画

本日の日誌は久しぶりの夢日記です。
こんな時期ですが夢の中ではなぜか学園祭&クリスマス。
なのにクリスマス要素も学園祭要素も皆無で、
今日は学園祭&クリスマスという認識だけがある状態。

===

夢の中では12月25日。(※24日のイブではない)
自宅では当日夜、クリスマスパーティーをやることになっていて
自分がパーティー用のゲームの準備をすることになっていたのだが、
朝8時、出身大学の学園祭に行く。なんでクリスマスと学園祭が重なるんだ。

大学へ行く途中の道、なぜかどうしても走りたかった。
そして走ろうとするたびに自分の足が絡まって転んでしまう。
立ち上がっては走ろうとして転び、また立ち上がって転び。
そんなことをしているうちにスーパーに着いた。先へ進んだ感覚はまるでないのに。

学園祭にも関わらず、なぜかスーパーで弁当を買わなければならないと思った。
スーパーの総菜コーナーでは、「博多風鍋弁当」という名の謎の弁当が販売されていた。
茶色のスチロール皿でできた容器の中に40センチはある巨大なブロッコリーと、
アジ程度の大きさの魚が数尾まるごと入っていたのが印象深い。

その他ニンジン等の野菜類がギッチリ詰め込まれた、
何をどう解釈しても博多を侮辱しているとしか思えない一品だ。
そのくせ容器の形状は一般的コンビニ弁当で、どうやって入っているのかも気になる。
興味はそそられたが、結局普通のカツ弁当を買って改めて大学を目指す。

大学では学園祭が行われていた、のだが……
十数メートルごとに灰色の飾り気のない無味乾燥な出店がある程度で
興味をそそられる出し物は一切なく、
さらに言えば混むどころか人もほとんどいなかった。

学園祭はほったらかして、中学校の会議室みたいな部屋で
クリスマスパーティー向けのゲームを考える。
考えるのだが、パーティーゲームには到底使えそうもない
落ち物ゲームのアイデアばかりが膨らんでいく。

落ちてくる玉を操作して、同じ色を3つそろえたら消えることにしよう。
で、玉には顔が書かれていて、三角形の口がついている。
じゃあ玉を消したら三角形の口がさしている方向に玉が飛んでいくことにしよう。
さらに、画面下からも玉が落ちてくるようにしたらどうだろう……

……思い付きばかり膨らんでいくが、
そんなゲーム遊ぶ側にとって辛すぎるんじゃないか。
特に画面下から玉が落ちてくるとか、消した玉が変な方向に飛んでいくとか。
だめだーコンナゲームジャダメダー……と思ったところで目が覚めましたとさ。

===

夢の中に出てきたゲーム案でそのままゲームを作ってみようか、
とか考えましたが、作る手間の割に面白くないのでボツ。
ゲームとして楽しめる物でなく、どう見ても出落ちネタにしか思えないゲームが
世の中にたくさんあるとはいえ……それにも劣るとしか思えないですし

▼ ゲーム制作関連で書くことが思いつかなかったので

首都圏一帯で大雪が降りましたね。……大雪?
この程度で大雪とかいうと雪国の人がキレるかもしれませんが
まあ我々、雪が積もるって事態自体があんまりない地域の者にとってみれば
まぎれもない大雪です。

……さて、ここで初見殺しが大量にあるゲームを考えてみましょう。
それはなにがなんだかよくわかんない人にとって見れば鬼畜ゲーだったりしますが
そういうのに慣れ親しんだ業界の人にとって見るとそうでもないことが多いわけです。
「わかっちまえば簡単」だったりするとなおさら。

自分の住んでいる「地域」は果たしてどちらなのかといえば
まず間違いなく「初見殺し多発地域」だと思われます。
だとすると自分の思っているより初見殺しの頻度を下げないと
そうでもない「地域」の住民からは鬼畜ゲー見られやすいだろうから注意しないと……

と、まあ。ゲーム制作関連の話題が思いつかなかったってのに
大雪の話から無理やりゲーム制作の話に持ってこようとしたところ
結局何が言いたかったのかわかんなくなっちゃいました、というお話。
だったら最初から「路面凍結でコケた痛い」って話したほうがおもしろかったんじゃねーのと。

▼ 冬休み終了のお知らせ

冬休みが終わりまして、ゲームの制作速度も通常営業になりました。
しかもなんだか最近じわじわと残業時間が伸びつつある気が。
次に新作ゲームが出るのは割と先になるんじゃないかなーと予想。
まあ、よほど悲惨な事態にならない限りはウディコン開催時期には1つ出す気ですけど。

そういえば「そろそろウディコンでパズルはやめようか」って話を去年した気がしますね。
最近は偽装勇者向けにいろいろシステム案を考えてはいるのですが
その中に「偽装勇者には向かないけどまあ使えそうな案」がいくつかあったりしています。
そういうの使って短編を作ってウディコンに出すのもいいのかなーなどとぼんやり検討中です。

▼ システムと画像の流用の難しさについて

クリスマス2012のキャラ絵ですが、実は偽装勇者からの流用が意外とあったりします。
一部流用するくらいならいつも通りの手抜き絵の方が早かったんじゃないかな
そんなことができる程度には偽装勇者用キャラ絵の用意はけっこう進んでいるのですが、
一向にシステム案が固まらない。これが決まらないと一向に先に進めない。

以前までのカード式にこだわろうかとも一時は思ったんですが
せっかくの本命作品に実験的システムで挑んで滑ったら目も当てられないので
もうちょっとわかりやすい、遊んでもらいやすい形式を目指したいところ。
複雑じゃないけど戦略性戦術性があるシステムが理想なんですけどね。

個人的に、RPGでありがちな
「とりあえずザコ戦は物理で殴って、時々回復すればOK」
「とりあえずボス戦は最強技連射しとけばOK」
みたいなシステムは面白くないと思っているので、そうならないような……

同じ技ばかり連射できない、通常攻撃が超ショボいが強力技を気楽に使える、という点では
これまでのカード式戦闘システムはよかったんですが
初心者にわかりづらい、ややこしい、回復の出るタイミングが悪いと死ぬ運ゲーなど
そのまま採用するのはありえないかなと思っています。

===

拍手返信。

>喪中でしたか。
>では「年が明けました。今年もよろしくお願いします。」
>ゲーム3つのうち偽装勇者が1つなら、
>ミコのクリスマスけいかくもその中に入りますね。
>つまり・・・あと一つをウディコン用にすれば・・・

>偽装勇者完成楽しみにしています!

ヒント1:別にクリスマスシリーズをウディコンに提出できないわけじゃないんですよ
ヒント2:別に偽装勇者物語をウディコンに提出できないわけじゃないんですよ
まあ、偽装勇者が8月までに完成できるとは私自身思っていませんけどね。
アレのテストプレイ、リテイク前は1章あたり1か月半かかってましたし。

▼ ダイナミック気味初詣

喪中ですがせっかくなので初詣に行ってまいりましたよ。
場所は近所の神社。賽銭は500円。ちょっとダイナミック気味。
どうせやるなら諭吉投下もいいかなーとも検討したのですが(検討しちゃったのかよ)
某「さらば諭吉」に影響されたみたいで負けた気がしてやめました。

おみくじの結果は吉。「願望は基本的に叶うが、怠れば叶わない」そうです。
一見いい結果のようですが、よくよく考えてみると当たり前の事の気もする。
元旦に掲げた目標を願望とするなら、なおさら。
まあ、やっても報われないというよりはいいことだととらえましょ。

▼ 2013初夢

2013年、今年の初夢はなんと。
「海に潜って、やわらかいサンゴの白化現象を視察する」というもの。簡単!
なおサンゴの外見・手触り・生態その他は完全にイソギンチャクでしたが
夢の中ではサンゴという設定でした。一応、白化はしてましたけどね。

地球環境破壊の夢が初夢だなんてどうしろと?
いえいえ、肝心なのは(サンゴという名の)イソギンチャクだった事です。
つまりはイソギンチャク的な何かがうにょうにょなゲームを作れというお告げ……
……やめとこ。ウチはそういうサイトでも作風でも趣味でもない。

▼ なにこの新年

新年ですね。新年ですが喪中につき新年のあいさつは以下略。
そして残念ながらそういう訳で(?)新年企画的なものはありませんのでご了承ください。
年明けの瞬間、母・弟・妹が某どう森をやっているのを見て
「新年だからって特別な何かがあるでもないな」なんて思いました。

===

せっかくなので今年の目標も。
1つ、最低ライン、とりあえず失職しないこと。社会的信用を(これ以上)落とさないこと。
2つ、ゲームを3つ以上作って公開。うち1つはウディコン用。
3つ、偽装勇者物語をオマケ含め完成させる。

低そうな目標に見えますが、実は目標3が非常に難しいのです。
どのくらい難しいかってーと、この目標は6年間毎年掲げて、達成できてないくらい。
何しろ「本命作品」なので妥協したくない、
そして技術が向上するとそれを使いたくて作り直したくなるのループがあって以下略