あきねこの後悔日誌

自作ゲームの制作状況とか、その他。



 累計閲覧数:  / 現在閲覧数:

 ●本館「あきね工房」 (ゲームとか公開中)
 ●Web拍手 (メッセージを送れます 気が向いた時、日誌上で返信します)

▼ サンプル村の最新型宝箱

本日の日誌も夢日記となります。
今朝の夢の内容はこちら。

===

例によっていつもの夢電車の路線図。
その右端の方……現実世界で言うと茨城の南あたりに
「サンプル村」という名前の謎の駅が存在していた。
サンプル村とはいったいなんだ。
気になるのでサンプル村に行ってみることにした。

電車に揺られ数時間。
サンプル村は一見、いかにも山奥の集落といった雰囲気の村のようだった。
しかし村には住民らしき人は一人もおらず、
カメラを構えた観光客らしき人々が
三角屋根の木造一軒家の骨組みの写真を撮っていた。

話を聞くところによると、このサンプル村は昔はれっきとした村であったが
数年前から住民のいない廃村となってしまったらしい。
だが村の雰囲気や建物がちょうどいいため、
今は映画やドラマのセットとして使われているのだ。
サンプル村というのは村そのものの名前ではなく、映画のセットとしての通称である。
冬にはけっこう需要があるのだが、それ以外の季節は半ば映画ファンの観光地となる。

住民のいない家が立ち並ぶ通りから離れてしばらく進むと、
傾斜60度以上の急斜面があった。
生えている草をつかみながら急斜面を上る。

さらにその先には、コンクリート製のブロックで覆われた壁があった。
ブロックとブロックの間には溝があり、そこをつかんでいけば登れないこともなさそうだ。
(なんで上っているかなんて本人にもわかっていない)
というわけで、さっそくのよじ登ることにした。
ブロックの溝の深さはところによってまちまちであり、
何度か行ったん降りて上りやすい別ルートを探す、ということをやっていると
そこに8歳くらいの少女がやってきて、話しかけてきた。

少女はこの村の出身らしいのだが、
生まれてそれほど立たない頃に廃村になったころ余所へ引っ越していったらしい。
だがこの村に住んでいた少女の祖父(故人)は少女へのプレゼントを
この村のどこかに隠していったという。
そこで電車に乗れる程度の年になった少女は
祖父の隠したプレゼントを探しに来ていたのだ。

少女の持つ「たからのちず」によると、
そのプレゼントはこの壁のブロックの裏に隠れていて、
そのブロックは簡単に外れるようになっているそうだ。
自分は今更気づいたが特に目的もなく壁を登ろうとしていたわけであり、
せっかくなので壁のブロックを片っ端から調べてみようという事になった。

壁を縦横に動き回ってみる。
しばらくして高さ3メートルほどの高さにあるブロックの端に手をかけたとき、
ブロックがグラリと揺れた。もしかしてこのブロックだろうか?

一旦元の場所に戻ってそのブロックのことを少女に伝えに行くと、
少女は子供特有の身軽さで例のブロックのところまでどんどん進んでしまう。
そして少女がブロックをつかみ、力を入れると
ブロックが外れて、フタのようなブロックはがけ下に落下していった。
外れたブロックの裏には小さな四角い空間があり、
中には段ボールの箱が一つ置いてあった。おそらくこれがプレゼントだろう。
「女の子にこんな危険な場所にプレゼントを取らせに行くんじゃねー」
というツッコミは心の中に封印。

プレゼントの段ボール箱を取り出し、
ちょっと上にあった広い足場へ段ボールを移動させる。
段ボールを調べてみると、中身はパソコンのようだ。
それも8年前(2005年)の最新機種。まさかのXPだよ!
ところでそのパソコン、湿気とかでダメになったりしてないのだろうか。

しかし少女はそのパソコンが現在ではすでに旧型となっていることも知らず
嬉々としてプレゼントを持ち帰っていったのだった。
微笑ましくとも気まずい、なんとも微妙な気分になりました。

===

実は他にも、川に行った夢と怪盗と対決した夢を見たような気もするのですが
ほぼ内容が思い出せないので省略とさせていただきます。

スポンサーサイト

▼ 死のサタン

本日の夢の内容はこちら。

とある小説家の家にお邪魔することになった。
その小説家の代表作は「死のサタン」。内容は知らん。
表紙が真っ黒な背景+作者のドアップの横顔(なお、ワンダードリーマー某氏に似ている)、
しかも妙に気持ち悪い表情をしているという
少なくとも外見はインパクトのある本として知られている。夢の中では。

家の中は意外と清潔。
だが奥には例外的に散らかりきった小さな部屋があり、
中から勇者100というハンドルネームのガリガリの男がフラフラと出てきた。
ルームメイトか何かだろうか?

散らかった部屋の真ん中あたりに、例の「死のサタン」が落ちていた。
せっかくなので読んでみようと本を開く。
死のサタンの内容をおおざっぱに説明すると、
「ある晴れた日、林の中の広場で人間が錯乱して転げまわる」というだけのもの。
これは本屋で売れるほど需要のあるものなのだろうか……
と思ったところで目が覚めたのでした。

今回の夢は分類するならば「不愉快系」。笑いのネタにもなりゃしない。

▼ ライアンの歴史

以前、リオンのデザインの変遷みたいなのをやりましたが
せっかくなのでライアンのデザインの変遷も紹介します。
自分のキャラの中では一番わけのわからないデザイン変更をしているのがライアンで、
画風も含めて再現するとこんな感じ。

ライアンの歴史

まずは小1の頃、ライアンの原型となったキャラが初めて登場したころのお話。
再現図の一番左。わけがわかりませんね。
名前も「オワライ」でした。お笑い種ですね。正直描いてて恥ずかしいですよ。
いっそ初代クリスマスの敵キャラの方がまだ理解できるレベルのヒドさ。
こんな何がどの顔パーツなのかわかんないデザインになったのは
「びっくりして口と目が飛び出しちゃったまま固まる呪いにかかった」という設定のため。
興味本位で正体不明の塔に上る、という設定の自作ゲームブックの主人公でした。
呪いを解くためとかじゃないんですね。なぜかほったらかしです。
そしてこのデザインで剣を持って戦ったり、サンダーの魔法を使ってたりしてました。

2番目の絵が小4のころのデザイン。
(時間経過のため)呪いが解けたけど若干面影を残している、という設定。
このころはナイトキャップっぽい帽子をかぶっていました。
当時の人型キャラの多くは帽子をかぶっていて、
どのキャラが誰なのか帽子で描き分けていたフシすらあります。
「騎士」と「ナイトキャップ」をかけていたのかというとそうではなく、
剣士っぽいから某カー○ィのソードの帽子をパクったデザインにしただけ。
元ネタのほうはかけていたのかもしれませんけど。知りませんけど。

3番目。中二病だからゲーム制作したい。そんなお年頃。
このころに、ようやく「人の名前にオワライはおかしいだろ」とようやく気づき
オワライの一部を残してライアンという名前に変更したのでした。
当時はツクール2000を手に入れてご満悦。
しかしライアンっぽいデザインの歩行グラは2000RTPにはなかったのでした。
仕方ないのでRTPのいわゆる「アレックス」の色替えをして代用、
それがいつの間にか「剣士ライアン」の姿になっていったのです。
そのころのライアンの強さの設定は意外と中二チックではなく、
「安直な物理戦士タイプ、若干雷魔法も使える」感じでした。

4番目。高校3年のころライアンのデザインはほぼ現行と同じになりました。
そして「まるで使えない弱キャラ」という設定がついたのも当時くらいから。
しかもライアンが勇者になったのも、ヘタレになったのも、
当時偽装勇者物語の勇者キャラとして採用されたころから。
まるで原型残してないじゃないですか!別キャラじゃないですか!
……というわけで、中二頃のライアンのキャラの性格は
ケンジという別キャラに引き継がれることになったのでしたとさ。めでたしめでたし。

▼ 夢日記すら満足に書けないなんて

久々に内容を覚えている夢を見たので夢日記を書いておくことにします。
とはいえ、今回も非常に断片的ですが。

===以下、夢の内容===

駅前の道路でストリートライブをやっていた。
ものすごい数の観客が道路にあふれていたが
道路工事中で車の通行が封鎖されていたので特に問題ないようだった。
特に気にせず自宅に帰る。

自分は(現実とは違い)レトロな雰囲気漂う家に住んでいた。
その日の昼食に大量のゆでたまごと栗だけ。米もパンもなし。
それはさすがにキツいので、少しだけ食べた後中華料理屋に向かう。

……ここからしばらくのことは覚えていない。

そこからだいぶ後の場面。
夢の中で、自分は小学生だった。
駄菓子屋でまんじゅうを買い、2つに分けて友達と食べた。

===以上、夢の内容===

夢日記を書いていると夢の内容をはっきり思い出せるようになり、
逆にしばらく書かないでいると思い出せることが少なくなるそうです。
ここしばらくまともに内容の書ける夢がなかったもので
あんまり内容を思いだせなくなってしまったのでしょうか。
ゲーム制作どころか夢日記すらまともに書けなくなってしまうなんて。

▼ ……

ここに書くことが特にない……
ってどういう事態ですか。あんまりでしょう。
一応生存報告だけ書いておきますけど。

▼ うあー

「アクシデントがいっぱいの日常」っていうと2次元的には楽しそうですが
現実世界的にはちょっと勘弁してほしい感じですね。

……仕事でアクシデントたっぷりです。
そろそろ勘弁してください。お願いします。

▼ もうちょっとだけ休ませて

本日の日誌も夢日記となります。
断片的なので大筋だけ掲載。

===

さて、8時半に会社につかなければいけないわけでありまして。時計を見ると現在6時半。
もうちょっと余裕あるかな、と思っていると何時の間にか8時半になっている。
もう遅刻確定じゃねーかとか思いつつあわてて支度を済ませてくると
時計はまた6時半に戻っている。
8時半だったのは見間違いだったのだろうか……?

支度してしまったものは仕方がないので早めに会社に向かう。
現実の会社とはまるで路線も違うが夢なので仕方がない。
現実ならば自宅方向に向かうはずの電車に乗る。電車の中は満員気味。
全体的にカラフルな全身タイツや変な仮面など、特撮の怪人風の服装の乗客が目立つ。

現実ならば自宅まではまだちょっと遠いくらいの駅で降り、
工場が立ち並ぶ中を歩いている……あたりで目が覚めましたとさ。

===

連休最後の日なんですから
会社に遅刻しそうな思いをさせられるのは勘弁してもらいたいものです。

▼ empty

今朝は間違いなくなんか夢を見たはず、なのに
現在夢の内容が全く思い出せないというレアな状況です。
「○○が出た」とか断片的にすら思い出せません。どうしたことでしょうか。

疲れているほど夢の内容が思い出しやすい傾向があるんでしたっけ?
その理屈で言えば連休中の今は思い出せなくても当然となるのでしょうが
それで夢を見たということだけ覚えているのも非常にスッキリしない感じです。

▼ 旧作風リオン

あきね工房のキャラの中には、
初登場から長いもので16年くらい経ってるよーなのも実はおりまして(ライアンなど)、
その間にキャラデザインが何度も変更されているキャラもザラにおります。
そんなキャラをちょっとだけ、昔と比較してみようかと。

===

例えば……リオン=ベルバート。
出てきた時期は8年ほど前と、歴史の長さとしては中堅なのですが
当時のデザインはこんな感じ……だったような気がします。
今のどう見ても和服ってデザインとはまるっきり違いますね。

リオン旧作風
↑サムネをクリックで原寸画像へ移動


意外と服以外は変わっていなかったりします。
橙色の部分はコートと見せかけてレザーアーマー(のつもり)。
ところで、服のベルトの下の広がってる部分はどういう構造になってるんでしょうか。
デザインした自分にもよくわかりません。

ロングプリーツスカートは今も当時も相変わらずです。色は違いますが。
世間はミニスカ派が多いようですがこの方はロングです。
豪快な女番長的な性格をスケバンっぽいロングスカートで表現、
でも長すぎると戦闘の邪魔なので……このくらいか? とか考えたのだったか。

右前髪のハネかたは常に同じ。謎のこだわりであります。
髪型はこの絵ではサイドテールですが、
当時も今でもポニーかサイドかは気分しだい。まれにツインテールの場合もあり。
いずれにしても長い髪を高い位置で束ねるのは共通。

===

ま、こんなもんでしょうか。
一番劇的に変化してるライアンでやった方がネタ的にはよかったのでしょうが
描いてて面白くなさそうだったため中止しました。
顔芸キャラの顔じゃない部分描いてもなー