あきねこの後悔日誌

自作ゲームの制作状況とか、その他。



 累計閲覧数:  / 現在閲覧数:

 ●本館「あきね工房」 (ゲームとか公開中)
 ●Web拍手 (メッセージを送れます 気が向いた時、日誌上で返信します)

▼ 死体島デスゲーム

本日の夢日記。なにこれ痛い。以上。
……という終わらせ方も考慮したのですが、せっかくなので夢日記を残します。
今回は割と意味の理解できる内容ではあったのですが
世にさらすのは痛いというかなんというか……

===

ある離島でなんかゲームが始まろうとしていた。
島のどこかの広場に300人ほど黒い服を着た参加者達がいて、
首から上のないスーツを着た男が台の上からルール説明をしていた。
ちなみにその男はスーツの上からでもわかるくらいのものすごい筋肉男だった。

第一回戦のルールは簡単。支給された武器で参加者を多く殺した人の勝ち。
といっても、殺されても第二回戦では復活できるらしい。
バーチャルリアリティかなんかの中でのゲームなのだろうか(夢です)
主催者の首もないし、現実ではないんだろうなー(大事な事なので繰り返しますが、夢です)

各参加者はクジで指定された島の各所に配置され、
指定の時間からスタートする。
まあこんなゲームなわけで参加者も殺気丸出しの連中が多いわけですが
よく見るとその中にどう見ても場違いなナヨナヨした男が一人紛れていた。

彼は(夢の中で名前はなかったが、便宜上「A郎」と呼ぶことにする)
知り合いの、賞金目当てで参加した殺し屋少女(同じく、便宜上「B子」と呼ぶことにする)の
つきそいでついてきていて、もともと参加するつもりはなかったのだが
いつの間にかB子に参加登録を勝手にされていて今に至っているそうな。

試合が始まった。B子はさっそく岩陰から飛び出し参加者たちをバサバサ斬り倒していく。
するとそこにB子のライバルにして同業者「C子」が現れた。
……なんでこうもことごとく強い殺し屋が少女なんだろうなーおかしいなー(夢です)
B子とか金髪ツインテだしなーおかしいよなー(夢です)

B子とC子が激しい戦闘を繰り広げているのをA郎は岩陰からひっそり眺めている。
数分の激闘の末、C子がB子の攻撃でバランスを崩し、
そのまま後ろに転倒して岩に後頭部をぶつけ、『死んだ』。
しかし支給された武器で直接殺したわけではないので審判から審議が入る。

審議の結果、C子は敗退、B子にポイントが入ることになった。
ただしそれだけではちょっと不公平だという事で
C子(ルール上では死んでいるが本当に死んだわけではない)がB子に対し、
一つだけ妨害をしていいことになった。

するとC子は主催者に、妨害として「島中にA郎の死体をばらまくこと」を要求。
なんと主催者側は快諾。A郎のクローン体の死体を大量に作成し島内にばらまいた。
降り注ぐ死体にA郎は困惑。なんでA郎なんだと。
そしてそれがなんの妨害になるのかと。実際はただのA郎への嫌がらせでしたが。

見渡す限り死体だらけの状況。とにかくグロい。
戦闘の邪魔だということで死体は参加者たちによって海に投げ捨てられていった。
A郎も海に飛び込めばまぎれて殺されずに済むかなとか思ってダイブ。
……したが、死体処理が終わったあたりでタイムアップ、第一試合が終了した。

場面は再び広場。筋肉スーツ首なし男がまた現れた。
参加者たちに次々と、『第○○の犠牲者』と書かれた紙が配られる。
……A郎は第一の犠牲者だった。
紙を配り終えると、主催者がルール説明を開始した。

参加者は紙に書かれた番号の順番で1分経過ごとに突然死する。
そして参加者に配られる銃のようなもので
別の参加者を撃てば、番号が両者の間で交換されるというもの。
つまり大きい番号の参加者を探して撃って延命するというゲームだ。

少ない番号の参加者は撃たれてもむしろ得、
大きい番号の参加者は番号がバレると大勢から狙われてしまうということだ。
単純に大きい番号の参加者を探して撃つだけでなく
自分の番号を偽るのも重要な戦略になりそうだ。

広場でそのままゲームが開始。
番号が少ない参加者は誰彼かまわず撃ちまくる。A郎もあわてて付近の誰かを撃つが、
誰にも当たらずにそのまま1分経過して死んでしまった。射撃能力低いな。
……というところで目が覚めた。わりといいところだったのに。

===

ゲームのネタにしようという目的で始めた夢日記ですが
露骨にゲームのルールに言及する夢を見るとはまた。
ただ第2試合のゲームはコンピューターゲームに使えるルールではなさそう。
それにしてもなんてゲームだ。どっかの漫画か何かですでに使われてそう。
スポンサーサイト

[Comment]


管理者にだけ表示を許可する