あきねこの後悔日誌

自作ゲームの制作状況とか、その他。



 累計閲覧数:  / 現在閲覧数:

 ●本館「あきね工房」 (ゲームとか公開中)
 ●Web拍手 (メッセージを送れます 気が向いた時、日誌上で返信します)

▼ 危険なゆめにっき

さて、また内容を思い出せる夢を見たのですが
実は内容を思い出せる夢を見たからと言って、それを毎回日記にしているわけではありません。
とても掲載できそうもない夢を見ることもあります。そりゃ。そういう時は自主検閲で不掲載。
本日の日誌の内容は、そんな掲載と不掲載の境界。審議の結果伏字多めで掲載となりました。

===

夢の中で、政治家2人(仮にR氏、H氏とする)がテレビに出ていた。
番組名は報○ステー○ョン。番組の内容は政治討論。
現実の人が出る夢は内容も現実に近くなるのだろうか?
ただ、最初なんのテーマで話していたかはわからない。

途中、アナウンサーが割り込み、世論調査の結果として、
大多数の人が「R氏を政治の重要ポジにおいてはならない」と思っている
というデータを2人に告げるかのように発表。
なおこれは夢の話であり実在の政治家とは関係ないんじゃないかな。たぶん。

これはどう考えてもR氏にとっていい評価ではないのだが
H「あーやっぱりねー、幹事長あたりがいいんじゃない」
R「そうかも」などと談笑していた。夢の中の設定では幹事長は偉くないらしい。
そんなこんなで和やかな雰囲気のまま討論(?)は終了。

次のニュースが入る。某テレビ局(実在)の番組の放送予定が3週間後まで決定したらしい。
番組表はその3週間後以降は、全て「未定」の灰色で塗りつぶされていた。
某テレビ局は(なぜか)廃止するかしないかの瀬戸際だから、らしい。
個人的には好きな局なのでちょっとさびしい気分になる。現実では潰れそうもないが。

さて。今日は会社から受験の指示があった、法律系資格試験の試験当日だ。
と言っても、全くやる気はない。適当に受けて適当に落ちるか、くらいのつもり。
勉強どころか、なんの法律の試験なんだかも、
会場の行き方すらも調べていない。

(架空の)高校時代の友人らと、3人で会場へ向かうことになった。
だが全員会場への行き方は知らない。知らないけどまあいいか、という雰囲気で集合した。
知ってるのはおおよその位置だけで、最寄駅も知らない。
例えるなら東京都民が「奈良に大仏があるのは知ってるがどう行くのかはわからない」感じ。

電車に乗り数駅進み、大きめの乗換駅に着いた。
試験会場はおおよそ北西にあるっぽい、ってのはわかるが、
その駅から北西に向かうっぽい路線は3つもある。もちろん正解は全く分からない。
だが全員の勘が、水色の私鉄が正解だと叫んでいた。

水色の3両ほど編成の電車に乗り、数駅ほど進んだところで
友人の一人が駅の売店に何かを買いに行った。
……しかし、彼が帰ってくる前に電車は出発してしまう。
もちろん彼は置き去り。とりあえず試験にも遅刻確定だろう。

電車は夕焼け色に染まる海に架かった橋の上を走っていく。朝じゃないのかよ。
橋を渡りきった先の次の駅の名前は「東口科学部駅」だった。なんだそれ。
その駅で多くの乗客が降りていく様子を見て
たぶんここじゃないかな、と適当に電車を降りる。

ここで、携帯メールで(一緒だった2人とはまた別の)友人に場所を調べてもらおうと思いつく。
(※この世界の携帯にはネットや地図機能はないらしい)
だが暇なはずの友人にメールを送っても10分待っても返事は来ない。
諦めて、人の多く流れていく方向へ歩き出す。

あたりは雑居ビルが建ち並び、とても日当たりが悪い。
街並みを歩く中で「(筆者実名)がこんな試験うけるのかよ」
という陰口的なものが聞こえた。
これ幸い、陰口っぽいけど気にしている場合じゃない。ついて行ってみよう。

そうやってその人についていくこと10分ほど。
陰口の人を完全に見失ってしまう。
気づかれないように遠巻きについていったのが災いしたか。
これでは試験会場への行き方も駅への戻り方もわからない。どうしよう……

===

というところで目覚ましが鳴ったのでした。
検閲削除されかけた理由はもちろん、途中に出てきた政治の話です。
どこまで書いてセーフとしていいか実はかなり悩みました。
ウチは政治系サイトじゃないし、政治の話を持ちかけられても何も答える気はないので。
スポンサーサイト

[Comment]


管理者にだけ表示を許可する