あきねこの後悔日誌

自作ゲームの制作状況とか、その他。



 累計閲覧数:  / 現在閲覧数:

 ●本館「あきね工房」 (ゲームとか公開中)
 ●Web拍手 (メッセージを送れます 気が向いた時、日誌上で返信します)

▼ 毒ガス?

本日の日誌も夢日記となります。
こんなに仕事が忙しくて
ウディコンとかまともに参加できるのか心配。


学校の中に、ガラスやら高級石材やらでできた
やけに豪華なトイレを発見する。
傍にはなにやら偉そうな、生徒会長と思われる女子生徒がいて、
工事業者と話していた。
学校に理想的なトイレとはどのようなものか
調査するためのサンプルとして
豪華トイレを設置したそうだが、
ガラスの便器というのはセンスが無いと思う。

一方、茶道部室前ではある別の女子生徒が、
白衣の男性教師を逆ナンしていた。
女子生徒は男性教師をカフェに誘おうとするが男性教師は拒否。
男性教師は女子生徒に抹茶を差し出す。
男性教師は潰れた茶道部を復活させて
サバサバした感じの長髪の女保健教師を招いて
お近づきになりたいとか回りくどいことを考えているらしい。
そんなわけで女子生徒に茶道部の勧誘をしているところを
件の保健教師に見つかってしまう。
だが男性教師は何も問題ないと
彼なりの精一杯のおだて文句を駆使して保健教師を口説きにかかった。
だがそれは言っている本人以外には
けなしているようにしか見えないものであった。
保健教師はそんな男性教師の有様をケラケラ笑いながら立ち去っていった。

ところ変わってとあるデパート。
そこでは3人組の子供たちがデパートを探検していた。
その一人は自分の感情を色に例えることを多用する子で、
他の2人のあとを追いかけながら、
自分の中の紫色の感情は一体何だろうとか考えていた。
おそらく、デパートで騒いで怒られるのではないかという恐れの感情と思われる。
子供たちは白い、広々としたゲーム売り場にやってきた。
すぐ、走り回る先頭の子供が商品棚に激突して
商品を大量にぶちまけてしまう。
散乱したゲームのパッケージには
バスローブの美少女のイラストが描かれていた。
もしかすると子供に見せられない系だったかも。
子供たちは謝りも片付けも散らかっているゲームに興味を示すこともなく
嵐のように売り場を去っていった。

……後編に続く。
スポンサーサイト

[Comment]


管理者にだけ表示を許可する