あきねこの後悔日誌

自作ゲームの制作状況とか、その他。



 累計閲覧数:  / 現在閲覧数:

 ●本館「あきね工房」 (ゲームとか公開中)
 ●Web拍手 (メッセージを送れます 気が向いた時、日誌上で返信します)

▼ フリゲ展夏感想文 その3

フリゲ展感想文その3です。
今回もある意味3作品。
先週に来週末と予告していたので
感想を書くゲームを今日中にクリアする必要があったのですが、
「グラトニーテイル」に表記以上の時間を取られて今日中にクリアできるのかと焦りました。
楽しかったのでそれはそれでいいですけど。

今回はその3で、
少なくともその4もいつかはやるつもりですが時期は未定です。
少なくとも閉幕(22日)までには無理でしょう。

感想本文は「続きを読む」からどうぞ。


「勇限会社 勇社」
難易度「社長」でクリア。
ブロック崩しにいろいろな要素が山盛りにされた本作だが
これといって破たんしている部分もなくなくきれいにまとまっている。
回避しきれない攻撃も多いが、やられる前にやらせるデザインか。
自分はコンプライアンスは稼ぎ特化にしていたが、
救済用のものもあり幅広い腕前の人が楽しめそう。
会社経営ネタに絡めたストーリーも楽しめた。

「グラトニーテイル」
クルーエルモードでたぶんクリア。スイカ割りまで。
(要素が多すぎて本当に終わったのかよくわからない)
レベル上げが意味を成しにくいRPG。
ではごり押しでなくどうやって倒すか?を考えるのが楽しかった。
毒やスタンなどが強スキルなのが印象深い。

「疾走台風大花火隊!」
制限時間付きRPG。
まともにやっていては敵が固いやらこちらの攻撃を封じてくるやらなので
熱中症や見えないなどの状態異常を撒くのが重要。
大勢で2回攻撃してくるのでやたら時間のかかるコウモリなど、
制限時間があるからこそ恐ろしいモンスターも。
時間が足りなければ買うこともできるので
レベルを上げてごり押しも無理ではないが、
基本的には高難易度RPG慣れしたプレイヤー向けだと思う。

スポンサーサイト

[Comment]


管理者にだけ表示を許可する