あきねこの後悔日誌

自作ゲームの制作状況とか、その他。



 累計閲覧数:  / 現在閲覧数:

 ●本館「あきね工房」 (ゲームとか公開中)
 ●Web拍手 (メッセージを送れます 気が向いた時、日誌上で返信します)

▼ 簡単な問題ほど難しいなんて

例のイラストロジック的ななんかの続報です。

20161214.png
サムネクリックで原寸画像行き


いまのところ7ステージできました。
やっぱりパズルゲームである以上、
はじめは簡単な問題、だんだん応用が増えてきて
最後は総集編みたいな問題構成にしたい、というかすべきなんですけど
ここで簡単な問題を作ろうとすると「イラスト」部分が足を引っ張る。

基本的には簡単な問題っていうと単純な問題であり、
すると問題も小規模なものということになるんでしょうけども
(単純なのにでかい問題は解くのがめんどくさくなるだけなのでNG)
問題を小さくするってことはマス数が減るってことであり
マス数が減るってことはイラストとしての解像度が減るってことなんです。
当たり前ですけど。

すると。
・白黒2色しか使えなくて、
・わずかなマス数で見ただけでなんなのかわかるドット絵、
・しかもパズルとして成立し、
・適切な難易度
であることが求められるわけです。
普段のパズルなら上2つは考えなくていいですからね。
簡単な問題ほど作るのが難しいなんて、なかなか楽しませてくれそうじゃないですか。
スポンサーサイト

[Comment]


管理者にだけ表示を許可する