あきねこの後悔日誌

自作ゲームの制作状況とか、その他。



 累計閲覧数:  / 現在閲覧数:

 ●本館「あきね工房」 (ゲームとか公開中)
 ●Web拍手 (メッセージを送れます 気が向いた時、日誌上で返信します)

▼ 第9回ウディコン感想文集・その3

本日の特集は第9回ウディコン作品紹介・感想文集その3になります。
第2回は →こちら

前回、難易度高そうなRPG系ということでやろうとしておりましたが
なんだか、まだまだ時間がかかりそうな感じなので
さらにその次にやろうと思っていたADV系回を先にやってしまうことにしました。
比較的プレイ時間が短いものが多いので気分転換にちょうど良かったのです。

例によって投票の評価点も添えています。
たまに★印をつけているものがありますが、
それは単に9点以上がついていることを強調したいだけです。

それと、並び順は作品番号順になっています。
いい作品が上とか先に遊んだのが上とかそういうことはありませんので。

===

22.最後の夜 熱7/斬4/物7/★素9/遊5
4エンド中3エンド回収までプレイ。
雰囲気重視系散策ADV。
幻想的な、死後の世界みたいなところを
5種類の能力を持ったお面を切り替えつつ散策して未練を見つけていく。
立ち絵や一枚絵が豊富に用意されており、幻想的で儚い雰囲気を出すのに貢献している。
表現に間や待ち時間を多用しておりそれ自体は表現として悪くないと思うが、
一方でエンド回収のために周回しているとその表現が面倒に感じる箇所も。

27.ロンリークエスト 熱7/斬8/物6/素5/遊5
全敵キャラ撃破までプレイ。
RPGと見せかけて謎解き・探索系ADVゲーム。
手に入れたアイテムで道を切り開いたり敵を倒したり。
敵を倒すには特定のアイテムが必要で、
それをどこから手に入れるか、
手に入れたとしてどこで使うか考えるのが重要。
敵全撃破を目指すなら温存必須のアイテムがあるため
何に何が有効かしっかり考えて進める必要がある
(通常クリアなら多分詰むことはない)。
注意点としては、攻略にはある程度の
理科や雑学の知識がないと厳しい箇所があること。
グラフィックはゆるい感じが意外と悪くない。

37.Endlose Villa (エンドロゼヴィラ) 熱5/斬3/物4/素6/遊5
死因収集系短編探索ADV。
唐突な即死イベントが多数、死ぬことで道が開ける場面が多数ある、
死因は15種類で見たものが記録される、いくつも死に顔グラフィックが用意されているなど
とにかく主人公を死なせることに特化した作品。
なぜあの生物にアレが通用したのかなど
推測することすらできない謎がそのままなのが気になる点。
紹介文にある「羽」についても同様。過去作ネタか何かなのだろうか。

49.冒険者35歳 熱5/斬4/物5/素5/遊6
90歳までプレイ(年齢などでエンドが若干変わるらしい)。
年老いていく冒険者の悲哀を表現した育成SLGに似て非なるもの。
パラメータを増やしたりして強化する要素はあるが
加齢によって能力が減っていく方が早いのがポイント。
目立ったイベントは少ないものの能力値で表現される老化による衰え、
加齢によって変わっていく各キャラの外見、加速していくように感じる時間によって
間接的に物悲しい感じが表現されている。

61.僕らのスイソウ 熱5/斬3/物6/素6/遊6
エンド2種までプレイ。短めのSF気味ADV。
後の展開にかかわる選択箇所がおそらく1か所だけのため
紹介文にもある通りほぼノベルな感じ。
どこか無機質で寂しい感じのマップ、音楽が
物語自体の雰囲気とも合っていると思う。
あまり多くを語らず想像して楽しむタイプのゲーム。

===

今回の感想は以上5作品になります。
投票期間に間に合う、間に合わないにかかわらず
少なくともあと2回くらいは感想記事を書く予定です。
次回は……順当にいけばRPG系のつもりですが、
さらに思ったより長引いた場合はなんとなく気になったものから
無差別に選んで紹介していくことになる可能性もあります。
スポンサーサイト

[Comment]


管理者にだけ表示を許可する