あきねこの後悔日誌

自作ゲームの制作状況とか、その他。



 累計閲覧数:  / 現在閲覧数:

 ●本館「あきね工房」 (ゲームとか公開中)
 ●Web拍手 (メッセージを送れます 気が向いた時、日誌上で返信します)

▼ 木曜日に何も無くて本当に良かった

昼間は会社説明会と筆記試験に行き、帰ってきたら履歴書と提出用作文を書く。
作文が完成するころには気が付いたら夜が明けていて、また試験に出かける。
そんな狂気の就職活動生活を送っております、秋月ねこ柳です。
例によって集中力が落ちて誤字があると書きなおしだから別に休憩(ry

そういえば就職活動ばかりでほとんど大学行ってない。夏休み終わったのに。
残りの単位は卒業研究とゼミばっかりなので、
研究が佳境に入るまでは週1回くらい大学に行けばギリ大丈夫です。
もし他の単位をとりこぼしていたら? 想像したくもないです。

そういえば成績証明書とかを提出するよう要求されることがあり、
そういうものは大学でしか発行できません。それはそうだ。
(平日に)大学に行く暇がないとそういうものが揃えられず、
結果提出が遅れて印象を悪くして何のために面接入れたの?となったり・・・

===

ここまで来ると電車の30分で睡眠時間を稼ぐのが基本になります。
電車で降りる時間の2分前くらいに携帯電話のアラームをセットし、
振動(マナーモードなので)に確実に気付くように胸ポケットに入れます。
家では何をどう間違っても3時間は寝られるようにしたいところです。

説明会や試験で寝ないように、水筒には常に紅茶(カフェイン)を常備。
それでも足りなそうな時の為に、カフェインのカタマリみたいな菓子も持ちます。
その菓子(黒★黒みたいな名前のアレです)は、実質もはや薬のようなものです。
カフェイン急性中毒に気をつけないと大変な事に。要注意な量を使用してます。

この状態では非常に忘れっぽくなっているので、メモを取り忘れると
次回の面接の日程や提出物を忘れて大惨事になる可能性があります。
最近はメールやページで通知してくれる場合もありますが、過信できません。
読める字で全部メモすることはできないので、情報の取捨選択も必須に。

===

こんな生活をしていると定期的に理性が飛びます。恐ろしいですね。
この状態だと逆に緊張しなくなったりもするのですが
当然デメリットの方が大きいので自発的にやってはいけません。
面接官に喧嘩を売るような言動をしかねません(半分冗談)。

そろそろ作文と履歴書を書く作業に戻らねばなりません。
何故履歴書の氏名・連絡先・学歴・職歴を書く作業を手動でやらねばならぬのかと
何度も考えてしまいます(偉い人に聞くと『丁寧さを伝えるため』との返答)。
ああまたよがあけれうえjにだjぢshdすjdbjskだんjs
スポンサーサイト

[Comment]


管理者にだけ表示を許可する