あきねこの後悔日誌

自作ゲームの制作状況とか、その他。



 累計閲覧数:  / 現在閲覧数:

 ●本館「あきね工房」 (ゲームとか公開中)
 ●Web拍手 (メッセージを送れます 気が向いた時、日誌上で返信します)

▼ 練習は妥協の言い訳たるか

現在C++で作ろうとしているアクションゲームはC++の勉強という位置づけ。
後で本番としてそれなりなものを作ろうと心に決めているはず、なのですが。
練習を練習と割り切れず、思いつく限りの要素を詰め込みたいと思ってしまいます。
最善を尽くした作品を作ろうというこだわりが妙な障害に・・・

壁との衝突判定ですら、どのくらいこだわるか悩むほどです。
『四角形のチップだけ、4方向判定』 『四角形のチップだけ、8方向判定』
『斜め床を実装する』 『細かい凹凸などの地形も表現できるようにする』・・・。
すでに4候補挙がりました。ちなみに採用したのは2番目です。

いっそ、やたらめったらシンプルなルールで作ればよかったのにとも思います。
でもそれをやるとそれはそれで負けたような気もしますし・・・
結局、1ステージ1画面の、さっくり始めてさっくりクリアできるようなのを作るのが
今の自分にとって最善の選択なのかと感じました。
スポンサーサイト

[Comment]


管理者にだけ表示を許可する