あきねこの後悔日誌

自作ゲームの制作状況とか、その他。



 累計閲覧数:  / 現在閲覧数:

 ●本館「あきね工房」 (ゲームとか公開中)
 ●Web拍手 (メッセージを送れます 気が向いた時、日誌上で返信します)

▼ 見た目に分からない進歩

C++でなんか作る企画、それなりに進行中です。
現在の作りたいプログラムの内容を簡潔に表すと、
「1ステージ1画面でさっくり遊べるアクションゲーム」を作ろうといった感じです。
ルールもシンプル、敵に一発当たったら即アウトという事にしましょう。

壁との当たり判定とめり込み時の位置補正について改善に成功しました。
何日壁との当たり判定ばっかりやってるんだって感じですが。
壁に、上から高速で斜めの位置に当たった時、上に乗れずに落ちるという不具合を
ちょっと面倒な処理によって修正する事が出来ました。

これまでの壁との当たり判定処理は
縦横移動→上下左右めりこみ判定→めりこんでいたら4方向座標補正
→斜め4方向めりこみ判定→めりこんでいたら浅くめり込んだ方向に4方向座標補正
というものだったのですが、

修正後は
縦移動→斜め4点めりこみ判定→めりこんでいたら上下に座標補正
→横移動→斜め4点めりこみ判定→めりこんでいたら左右に座標補正
という処理に変わりました。

こうすることのメリットは、左右移動によるめりこみでは必ず左右に壁から追い出される事、
上下移動でのめり込みでは必ず上下に壁から追い出される事、です。
判定を挟む位置が2か所になったので少々記述がめんどくさいですが
「軽い処理で正確に判定したい」という現在の目標は達成できているようです。

そういえばまだ一度もスクリーンショットを掲載していなかった事を思い出したので
(というか、これまでは掲載しても大したものは写せなかった)、
ここらへんで一枚くらい掲載してみる事にします。
まだまだ殺風景ですが、足場、主人公、敵(左右に往復)を登場させてみました。

20111115.jpg
サムネ画像をクリックすると元の画像へ


1マス20ピクセルという、構成物がやけに小さいゲーム画面となっております。
緑色の、三角形の書いてある玉が敵キャラ(の仮のグラフィック)です。
あとでちゃんとスライムっぽいドット絵を用意する予定。
次は、敵に当たるとゲームオーバーになる処理を作りたいところ。

===

ちなみに、この小さな文字のドット絵や文字の表示プログラムも自作です。
一応DXライブラリのほうで表示する関数は用意されているのですが、
処理が重いらしいのでシンプルで軽いのを自作。
このちっこい文字、素材として公開したら需要あるのでしょうか?
スポンサーサイト

[Comment]


管理者にだけ表示を許可する